腹痛に関連する病気の種類

腹痛をよく知り、あなたとあなたの大切な人の病気を早期発見する方法

腹痛の場所を知ることによって原因となっている病気が分かります

食事のたびに、例えばお腹の上部「みぞおち」あたりが痛くなったりしていませんか? 「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」という単語は現代社会では聞きなれた言葉になってしまいました。 あなたは大丈夫ですか? あなたの大切な人はお腹の痛みを訴えていませんか? その腹痛、潰瘍が原因の症状かもしれません。

腹痛から「がん」を早期発見する方法

日本人の平均寿命をご存知ですか? なんと80代をゆうに超えており、世界でも三指に入る長寿大国です。 そして、長寿大国になるにつれて「がん」になる確率も高まっています。 「がん」の多くは最初「腹痛」の症状となってあらわれます。 したがって腹痛を軽く見ることが無ければ早期発見も可能なのです。

生理や妊娠時の腹痛対処法

女性には避けて通れない生理痛。 女性にしか分からない痛みや倦怠感がありますよね。 人それぞれに生理の症状は違うために対処法も違うと思います。 しかし「腹痛」は多くの女性が経験する症状なのではないでしょうか。 他にも女性にしか分からないのが「妊娠」中の症状です。 特に「腹痛」があると心配になりますよね。

その腹痛は胃潰瘍のサインかもしれません

突然ですがあなたに一つ質問があります。
「腹痛」には場所によって細かく分類分けができることをご存知でしたか?

お腹には場所がいくつかあり、その場所が病気の種類を知らせる重要なポイントになるのです。

知っておいてほしいポイントは3つです。

「みぞおち」「下腹部(お腹の下でもよいです)」「おへそのあたり」です。

しかし一般的に痛みの場所の分類分けをせず「腹痛」で一くくりにしています。

理由は2つあります。
一つ目は、タイトルにもある通り、ほとんどの病気の主症状が腹痛だからです。
腹痛はあまりに身近なのです。
二つ目は「腹痛」は辛すぎる症状だからです。

例えば代表的な腹痛を3つ挙げてみます。

1、お腹の冷えによる腹痛。
2、胃腸風邪。
3、食べ物にあたって起こる腹痛。

あなたもどれかは経験があるのではないでしょうか。

「もう2度と体に悪いことはしませんから早く治してください」と神様に祈りたくなるような辛さですよね。

しかし、腹痛の中には、この3つ以上の重病を知らせる腹痛もあるのです。

少し記憶をたどってみてください。

例えばドラマや映画で、また実体験で。

お医者さんが「痛かったら言ってください」と言いながら患者のお腹を検診しているシーンを。

あなたにもありませんか?
そして、気が付いたら重病だったという話の展開も聞いたことがありませんか?

それくらい腹痛は病気の主症状として、そして勘の良いあなたは気が付いたかもしれません、重病になる前の症状としてもよくでてくるものです。

おすすめリンク

新宿での内科事情

新宿で多くの年齢層から人気がある内科診療所の魅力はどんなところなのか、比較検証してみました