>

腹痛をよく知り、あなたとあなたの大切な人の病気を早期発見する方法

生理や妊娠時の腹痛対処法

生理中に起きる腹痛への対処法

生理中に起きる下腹部の違和感「腹痛」ほどつらい時間はないですよね。
「女性だからすでに慣れている」とか「毎月の出来事だからもう大丈夫」
そう思っている方は、この先の文章を読む必要はありません。

そう、いるはずはないのです。

なぜならば世界のトレンドが男女平等だからです。
女性も「残業」など勤務時間の長期化や仕事への倫理観、つまり「簡単に休めない」などを押し付けられているからです。
そして、異性、つまり男性からの理解はまだまだ進んでいないからです。

では、対処法を一気にご紹介します。
「病院(婦人科)にいく」「お腹を冷やさない」「少しだけストレッチなどの運動をする」です。

このうち「婦人科を通院する」では、先生から残りの2つも指導されるため、最高の対処法となるでしょう。
通院は周りへの理解を促し、お腹を冷やさないことはすぐにでき、ストレッチでもホルモンの働きを整えることができるのです。

妊娠中の腹痛への対処法

生理痛と違い「体温が上がり熱っぽい」となったり「おりものの量がいつもと違う」ことはないですか?

それは妊娠中ならではの腹痛かもしれません。

「できるだけ安静に」し、仕事など休めない事情があるならば「上司に相談し婦人科に通う」をしてほしいと思います。

女性にはそれぞれ人生観がありますが、共通テーマとなっているキーワードですよね。

妊娠中、特に妊娠初期には女性には体の変化があります。
その中の一つが下腹部の「腹痛」なのです。

しかしこの変化へのリアクションの多くは「生理痛と勘違いする」なのです。
良くも悪くも慣れた痛みなために混同してしまうのです。

これはとても危険なことです。
さもないと長い間「流産してしまうのではないか」と不安になってしまいます。
これではおかあさん、つまりあなたと、あなたの大切な人、そう赤ちゃんにとって良いはずがないからです。


この記事をシェアする